姉歯耐震偽装事件を覚えていますか

姉歯耐震偽装事件を覚えていますか ひとりごと
姉歯元一級建築士が行ったこと

当時は大騒ぎでした。まさかの内容です。姉歯一級建築士が建築確認に添付する構造計算書を偽造していたとは、まさに晴天の霹靂です。建築会社が利益を出すために、現場で手抜き工事をするのとは違い、一応合法的になっているからです。

現場監督や職人はおかしいと感じていたかもしれませんが、確認書通りつくれば問題ありません。

姉歯耐震事件とは

姉歯耐震事件とは

概要は、2005年11月姉歯建築設計事務所が、元請けの建築設計事務所若しくは下請けとして構造計算を行った、既に竣工済のものを含む20件の建築物について、構造計算書を偽造していた可能性があることが発覚しました。

これは、建築確認検査を行ったイーホームズ(株)から、国土交通省及び特定行政庁に報告が上がったのがきっかけです。

結果として、元建築士姉歯秀次容疑者(48)ら2人を建築士法違反と同幇助(ほうじょ)の疑いで逮捕し、木村建設社長木村盛好容疑者(74)ら4人を建設業法違反の疑いで逮捕し経理担当などの役員2人を書類送検しました。

更に、イーホームズ社長藤田東吾容疑者(44)ら2人を電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで逮捕しています。姉歯秀次容疑者(48)ら2人は名義貸しも行っていました。

姉歯元建築士は計算書の偽造を認めており、鉄筋不足で強度が足りない建物が次々に見つかっています。強度偽装が確認された物件は計98件になっています。

姉歯元建築士は国会の証人喚問まどで、耐震偽装した理由を、多くの建物の設計を発注された木村建設からコスト削減の圧力を受けて偽装に及んだと説明しています。

また、木村建設に加え、同社と組んで強度不足のマンションを販売したヒューザーや、強度不足のホテルの開業に携わったコンサルタント会社総合経営研究所などを追及する声が、マンション住民やホテル経営者、一般の人などから上がってきていました。

ヒューザーと木村建設

ヒューザーと木村建設

姉歯元建築士と共に注目を浴びたのが、マンション販売会社(株)ヒューザーの小嶋進社長です。小嶋社長は構造計算書偽造問題における記者会見で初めてメディアに姿を現しました。

その後はワイドショーを含むテレビ番組に積極的に出演しましたが、マンション住民に対する補償案は二転三転しています。衆院国交委の参考人招致では、大声で怒鳴り散らした姿が話題になりました。

しかし、小嶋社長は神妙な面持ちで「刑事訴追のおそれがありますので、証言を拒否させていただきます」と約30回証言拒否をし、また、質問のたびに補佐人の鶴見俊男弁護士としきりに相談をし「時間稼ぎだ」と抗議を受けことになります。また、たびたび委員長から厳重注意を受けるなどしています。

地元八代市に本社があった、木村建設(株)も連日テレビで報道されました。耐震偽装をさせた上、粉飾決算も行っていたことで逮捕もされました。

一体何があったのか

一体何があったのか

この耐震偽装に関わった多くの人が逮捕され、会社も倒産しています。でも、何が原因で耐震偽装が行われたのか、誰が悪かったのか、結局は分からずじまいです。

一個人が何かを行ったというより、構造的な問題であることが分かります。

姉歯元建築士が行ったことは、単に耐震偽装をしたことだけでなく建築士の信用を貶めたことです。

レオパレス21が行ったことは、これに匹敵するような内容です。建築に対する信用をかなり落としています。この信用を取り戻すのは簡単ではありません。

PR

コメント

タイトルとURLをコピーしました