消費税増税の前に家づくりの計画を

消費税増税

消費税10%を払いたくなければ今から始めます

最近少しづつ話題になってきているのが消費税増税です。

住宅業界では毎回増税の度に駆け込み需要が発生しています。


消費税増税

平成31年10月から消費税が8%から10%に引き上げられます。

これに伴って注文住宅などの請負契約については経過措置がとられます。

平成31年3月31日までに請負契約を締結すれば、平成31年10月1日以後の引き渡しでも消費税は8%が摘要されます。

平成31年4月1日から同年9月30日までに締結した場合は、9月30日までに完成引き渡しをすれば8%が適用されます。

そのためこの日付に合わせて駆け込み需要が発生し、各住宅会社でもこれをアピールしてきます。

2000万円の住宅だと差額は40万円になります。結構無視できない金額です。

 


請負契約と時期

平成31年3月31日までに請負契約を締結すれば良いので、とりあえず契約をしましょうという事になりますが、注意は必要です。

住宅会社としっかりと打ち合わせをして契約すれば良いのですが、消費税のために仮に契約をして最終的に決まった内容で再契約ないし変更契約を交わす場合には4月1日以降の契約にいなりますので消費税10%が適用される可能性があります。

それでも9月30日までに完成引き渡しをすれば良いのですが、実際には難しいでしょう。

請負契約を締結してからcover着工までに最速で1ヶ月くらいかかります。

着工してから竣工までに3ヶ月から4ヶ月、それから完成引渡しまでに1ヶ月から2か月はかかります。

全てが予定通り順調に行っても9月30日までにはぎりぎりです。

注文住宅では中々予定通りには行きません。


終わりに

一般論ですが、大手の住宅メーカーでは契約から完成引き渡しまで概ね10か月から12ヶ月くらいかかります。

工務店や設計事務所では更に1ヶ月から2か月くらい時間は掛かります。

本気で消費税の増税前にとお考えであれば、今から計画を勧めるのが良いでしょう。

消費税と家づくり





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください