登記完了

不動産登記 ひとりごと

不動産登記

先日購入した不動産の登記が無事に終わりました。

実は、この不動産登記は個人でも行う事ができます。

一般的に不動産の登記は司法書士でなければできないと思ってしまいますが、そうではありません。

法務局で相談

不動産の登記のやり方は法務局で教えてくれます。

私も、法務局で書き方を教えてもらいました。

法務局でも登記司法書士に頼んでくださいとは言われていません。

少しだけ学びましょう

但し、個人で登記ができると言っても手軽にするにはちょっと注意も必要です。

そのあたりは少し勉強して、メリットデメリットを理解した方が良いと思います。

登記識別情報とは

登記識別情報をご存知ですか。

以前は権利証と言っていました。

今は、以前のような権利証はありません。

登記識別情報は、アラビア数字その他の符号の組合せからなる12桁の符号で、不動産及び登記名義人となった申請人ごとに定められています。

この登記識別情報は、本人確認手段の一つであり、名義人となった後に手続きする際に、登記名義人本人による申請であることを登記官が確認するため、登記所に提供することになります。

登記識別情報は「不動産ごと」「名義人ごと」にそれぞれ発行されるので、仮に、土地2筆を新たに取得し、名義人となった場合は2通発行され、土地2筆を2名で取得すれば、各人に2通づつ計4通発行されます。

登記識別情報

PR

コメント

タイトルとURLをコピーしました