住宅ローンの民間住宅ローンと公的住宅ローンとは

マイホームを持ちたい時に借りるのが住宅ローンです。

住宅ローンには、いくつかの種類があります。

大まかに分けると、民間住宅ローンと公的住宅ローン、そしてその他の住宅ローンがあります。

 

以前は、住宅金融公庫や年金融資など公的住宅ローンが主流でした。現在はこれらの公的住宅ローンは廃止となっており、民間住宅ローンが主流となっています。

民間住宅ローンは、銀行、信用金庫、信用組合、JA(農協)、一部の生命保険会社などです。住宅ローンとして有名なフラット35も民間住宅ローンです。

民間住宅ローンの特徴としては、融資額が大きめで購入物件の条件も公的住宅ローンに比べると緩やかになっています。また、住宅ローンの種類が多く金融機関によって条件も異なるため事前に調べておく必要があります。

公的住宅ローンは、財形住宅融資や自治体融資があります。公的住宅ローンは、融資額が民間住宅ローンと比べ少なく購入物件の条件も厳しくなっています。

その他の住宅ローンは、一部の会社で行っている社内融資などです。

住宅ローン

住宅ローンを借りる時は、事前にどんな融資があり、利用できるか、まず確認しておきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください