サクッとわかる!民間住宅ローンの特徴

民間の住宅ローンは多種あります。
銀行の数だけあると言ってもよいでしょう。
それでも民間住宅ローンの一般的な特徴は理解しておきましょう。

民間住宅ローンを取り扱っているところ

銀行等

銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などです。借り入れ条件や金利などは各銀行によって異なります。
金利タイプも変動金利型、固定金利期間選択型、全期間固定金利型があります。
また、フラット35も取り扱っています。
銀行によっては同じ金利タイプでも金利引き下げなど優遇も行っています。

民間住宅ローンを取り扱っているところ

JA(農業協同組合)・漁協(漁業協同組合)

JAや漁協の組合員向けの住宅ローンになります。組合員でない場合でも、組合費を払って組合員になれば利用できる場合があります。

生命保険会社

一部の生命保険会社では、住宅ローンを取り扱っているところがあります。多くは住宅会社との提携ローンになります。

住宅ローン専門会社

住宅ローンを専門に扱う会社です。モーゲージバンクとも言います。
住宅メーカーや住宅事業者の提携ローンに特化したり、インターネットを中心に営業をするスタイル、保険会社が商品ラインナップのひとつとして住宅ローンを扱うスタイルなどがあります。

※民間の住宅ローンの金利は、一般的に各月の1日に公表されます。

住宅ローン専門会社
民間住宅ローンの一例(金融機関により異なります)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください