来年の春に引っ越すならそろそろ準備をしよう

引越しの準備は早めにしよう

引越しはいつから準備したらよいか

来年の春は、進学や就職で引っ越す機会が増えます。

毎年3月4月は引っ越すシーズンとなり大変混みあいます。

実際に、3月になってから部屋探しをするととても大変です。

地元で土地勘があればまだ良いですが、そうでなければ早めの部屋探しをお勧めします。

 

 

1月には部屋探しのスタートを

1月になれば部屋探しをスタートさせるのが良いです。

12月からでも遅くはありません。

住みたい地域のことがわからなければ、事前の調査は大事です。

周りの環境等も大事ですが、引っ越したい部屋の間取りや家賃相場を事前に確認しておくことが大事になってきます。

3月や4月の時期は、部屋もすぐに決まりますので、家賃の相談も難しいですが、事前にある程度の相場がわかれば、高い家賃の部屋に住むこともなくなります。

家賃は道をひとつ隔てただけでも変わってきます。

会社や学校の場所と通勤や通学方法などを考えて、探します。

間取りや浴室やトイレの配置などによっても家賃は変わりますので、希望の条件と優先順位を決めておくことも大切です。

女性であればオートロックなどがあれば安心ですが、建物の周りの環境もよく見てください。

簡単に塀を乗り越えられないか、隣のアパートの距離なども大事です。

とにかく住みたいところの状況を早めに調べることです。

人気の場所とか、間取り、駐車場などです。

ネットで情報収集

調べると言ってもどうすればよいか分からない人もいるでしょうが。

このサイトを見ているのであれば、インターネットの環境があると思います。

ネットの環境があれば、ネットで部屋を検索して探してみましょう。

色々な部屋があり家賃があります。

それでも、いくつか見て行けば、おおよその感覚は分かってきます。

また、Googleのストリートビューなどでアパートの外観や周りの様子も大方分かりますので参考になります。

不動産屋さんにコンタクト

ある程度の相場がわかれば、実際に不動産屋さんに連絡をしてみます。

不動産業は成功報酬なので、実際に部屋の契約が決まらなれば収入になりません。

ですから、冷やかしと思われたら熱心に対応してくれません。

何時頃、何の目的で、どんな間取りで何を優先させるのか、家賃の大方の目安などしっかりと伝えれば、良い対応をしてくれると思います。

次回は、この不動産屋の見極め方です。

どうすれば、誠実な不動産屋とそうでない不動産屋を見分けられるかです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください