これだけは知っておきたい住宅ローン その3 住宅ローンの連帯債務とは

これだけは知っておきたい住宅ローン その3 住宅ローンの連帯債務とは


【これだけは知っておきたい住宅ローン その3 住宅ローンの連帯債務とは】


まず、連帯債務とは、複数人が同一の債務について、それぞれ独立して全ての責任を負うことです。




住宅ローンであれば、借入をした人(多くはご主人)と同じ責務と返済の義務を負うことになります。




連帯債務者になれば、お金を貸した側(多くは銀行)は借入した人(多くはご主人)だけでなく連帯債務者(多くは奥様)に対しても住宅ローンの返済を求めることができます。仮にご主人が元気でいても、どちらに対しても請求することはできます。




一般に、人の借入に対する保証人なることや連帯保証人になることはとても抵抗があり多くの方は断ると思います。




それが住宅ローンの場合はとても抵抗感もなく連帯債務者になってしまいます。




なぜ、安易に連帯債務者になってしまうんでしょうか




もちろん、夫婦ですから一心同体ということで連帯債務者になる人もいます。




しかし、多くはその説明を受けていない場合が多いからです。簡単な説明はされるでしょうが連帯債務の意味まで詳しくは説明されないと思います。




それは、営業マンの知識不足もあります。




ですが、それ以外に連帯債務者に自動的になっている場合が多いようです。




「連帯債務者になってください。」と言われれば「連帯債務者って何ですか?」と聞くこともあるでしょう。




実際は、「収入合算してください。」と言われることが多いです。




住宅ローンには【収入合算】というものがあります。




収入合算とは借入した人(多くはご主人)だけの収入では希望した金額の住宅ローンを借入できない時、奥様の収入を合計して住宅ローンの借入をすることがあります。




これを収入合算と言います。




収入合算=連帯債務者になる、ということになります。




収入合算すると、申込時だけでなく契約(金銭消費貸借契約)時にも署名と実印を押印することになります。




住宅ローンの借入をしたのはご主人ということになりますので、奥様はそんなに抵抗感もなく収入合算をして連帯債務者になります。




住宅の営業マンも連帯債務について詳しく説明すると奥様に収入合算をして連帯債務者になることを断られるかもしれないという不安感からも詳しく説明しないかもしれません。




ただ、決して収入合算をして連帯債務者になるなということではありません。




連帯債務の意味を理解しておいて欲しいだけです。



『トランクルーム』『コンテナトランク』収納スペース貸します!スペースプラス

コメント


認証コード2176

コメントは管理者の承認後に表示されます。