連帯保証、連帯債務とは

連帯保証連帯債務、同じような名前ですが少しづつ意味が違います。




連帯保証とは

まず、保証とは債務者(お金を借りている人)が債権の弁済を遅滞したときに主債務者(お金を借りている人)に代わって保証人が債務者(お金を借りている人)に弁済をなすことを約束することをいいます。

この保証のことを「普通の保証」とか「単純保証」と言います。

単純保証の場合には、保証人に「催告の抗弁権」といって、債権者に対してまず主たる債務者(お金を借りている人)に支払の請求を求めることができる権利があります。

また、「検索の抗弁権」といって、主たる債務者に先に強制執行等やれることをやってから来てください、といえる権利があります。

仮に保証人が複数いる場合には、各保証人が負うべき保証債務は保証人の頭割りとなります。これを「分別の利益」といいます。

これに対して、連帯保証は「催告の抗弁権」「検索の抗弁権」「分別の利益」がありません。

連帯保証人は、主たる債務者が債務の履行を遅延した場合には、主たる債務者にお金があろうがなかろうが債権者からの請求に応じなければなりません。

しかも、連帯保証人が数人いる場合には各人が主たる債務の全額の請求に応じなければならなくなります。

「連帯」と言う言葉が付くと、とても重い保証になります。

つまり主たる債務者(お金を借りている人)と同じ立場という事です。




連帯債務とは

主たる債務者と同じ立場になることです。

一つの住宅ローンを主たる債務者と同じ立場でお金を返済する義務を負います。

債権者(銀行等は)主たる債務者と連帯債務のどちらに対しても住宅ローンの返済を求めることができます。

そういう意味では連帯保証と同じです。

連帯保証連帯債務の立場上の位置はあまり変わらなくても(主たる債務者と同じ立場で責任がある)住宅ローン甲控除などの優遇を受けられるのは連帯債務だけで連帯保証では受けることができません。

注意が必要です。



連帯保証と連帯債務



住宅ローン



セミスタイルで自己投資