収入合算

申込者本人だけの収入では希望通りの借入ができない時、一定の条件を満たす者の収入を申込者に合算して借入ができます。



これを収入合算といいます。



一般的に収入合算ができるのは、同居予定の配偶者、両親、子、婚約者など1名です。



兄弟姉妹は原則認められないが、永続して同居することが認められる場合など認められることもあります。



また、合算できる金額も、合算者の収入全額の場合や、合算者自身の収入の2分の1、合算者の収入の内申込者の収入の2分の1までの額等金融機関によって異なります。



収入合算でも連帯債務となり家の持分など事前に検討しておくことが必要です。



収入合算



住宅ローン



セミスタイルで自己投資