住宅ローンの保証とは

住宅ローンを借りる時は、その返済を保証する仕組みとして「機関保証」と「自然人保証」というものがあります。


機関保証とは、住宅ローンの返済の保証を行う法人のことです。

保証を専門に行う保証会社で、保証料を受け取ることで連帯保証人としての役割を担います。


住宅ローンを借りる時は、実質的にはこの保証会社から保証の受諾を受けられるかどうかで借り入れできるか決まることになります。

住宅ローンが返済できなくなった時は、この保証会社が返済者に変わって住宅ローンを全額返済することになります。


ただ、それで住宅ローンの返済者は債務が無くなるわけではありません。

保証会社に返済の義務が残ることになります。



自然人保証とは、機関保証とは異なり個人が保証人となることです。

今では、機関保証が主流となっています。





セミスタイルで自己投資