坪単価とは?比較検討の注意点

資金計画書

坪単価とは?比較検討の注意点

家を建てたい時、住宅会社の比較検討をする時に参考にされるのが坪単価です。

 

チラシやCM等で坪単価の安さをうたっている会社が多くあります。

 

ローコスト住宅と言われる住宅会社など特にそうです。

 

この坪単価の計算方法はつぎの通りです。

 

坪単価=建物価格÷坪数

 

例えば、50坪の家が3000万円で出来た時坪単価は

 

3000万円÷50坪=60万円

 

この家は坪60万円になります。

 

これで納得したら注意が必要です。

 




 

資金計画書をつくりましょう

 

まず、建物価格の3000万円

 

この金額にはどこまでの金額が含まれているかです。

 

通常は建物本体価格となりますが、建物本体価格に含まれるのはどこまでの金額か

 

また、坪数50坪

 

この計算も基準となる建物の面積の計算方法はどういう計算方法か

 

通常は延床面積ですが、建物面積には延べ床面積以外に施工面積という計算方法もあります。

 

つまり、どの数字を使って計算するかで坪単価は変わってくるのです。

 

坪単価を安くしたければ本体価格を安い方法で計算して、坪数を広い計算方式で出せばよいわけです。

 

 

 

各社が出している坪単価、単純に比較をするのは大きな間違いです。

 

坪単価は、あくまで目安として使いましょう。

 

安い坪単価を出してくるところはローコスト住宅が得意

 

高い坪単価を出してくるところは高級志向

 

 

家づくりをする時には必ず資金計画書を作成します。

 

トータルで金額はいくら必要になるのか、この資金計画書を作成して把握します。

 

そうでなければ、思いがけない出費がでて予算オーバーとなり無理なローンを組んだり、生活に必要な自己資金を使うことになります。

 

この資金計画書で総額の比較をする方が賢明です。

 

先ほどの建物本体価格も住宅会社によって計算の内容が異なってきます。

 

建物本体価格を安くし坪単価を下げることは簡単にできます。

 

 

 

 

家づくりは目先の金額だけでなく総額でいくら必要になるか検討しましょう。

資金計画書を出してこない、又は出せない住宅会社は総額を把握していない住宅会社となりますので、注意が必要になります。

 


資金計画書



不動産経営の秘訣 無料DVD「大家の法則プレゼント」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です