今日の気になるニュース20170801

家づくりニュース

気になるニュースを集めてみました。

 

中古住宅の購入で陥りたくない落とし穴「瑕疵担保責任免責」とは

自分の家を持つことが夢だという方は覆いだろう。新築はなかなか手が出る値段ではないということで中古住宅は検討すると、意外と安い値段で豊富な物件があることに気付く。しかし、そんな中古物件には意外と落とし穴があるのだ。その一つが「瑕疵担保責任免責」だ。

 

新たな住宅セーフティネットが始動、貸家や空き家活用し補助充実

国は、空き家や通常の賃貸住宅を高齢者や一人親世帯、生活保護受給者向け賃貸住宅に改修する費用などへの補助に力を入れる。

 

「資産価値が維持しやすい」新築マンション選び 「モデルルーム見学」7か条

マンション選びにおいては何より立地が重要。当然のことながら都市の中心部に近いほど、また、駅からの徒歩時間の短いマンションほど価格が高い。しかも、新築時の販売価格を高く設定できるエリアほど、将来的な資産価値も維持しやすい。




 

“負の遺産”空き家を手放すなら2018年までが勝負

実家の片づけとは違い、簡単に捨てられないのが不動産。親が住み、自分が生まれ育った思い出の実家ならなおさらだ。しかし、放っておけば、固定資産税が上がり、維持費だけでもかなりの出費になる。

 

賃貸派か持家派かを決める最大の理由はあなたの中に

「家」をどうするかは常に議論のテーマです。先日もとある雑誌の「賃貸派vs持ち家派」の特集にコメントを求められました。一般的にはファイナンシャルプランナーは持ち家派が多く、私はどちらかといえば賃貸派なので、ときどきそういう取材がやってきます。

 

マイホーム購入予定者必読! 昔とここまで違う「住宅ローンの常識」

身雇用と退職金が約束されていた「昭和」。それらが“夢”となってしまった「平成」。時代の変化とともに、お金の常識はどんどん変わっています。そんな“平成の世”でマイホームを購入するとしたら、親世代に聞かされた昔の常識を捨てることが肝心! それはなぜなのか、具体例をもとにファイナンシャルプランナーの深田晶恵さんに教えてもらいました。

 



不動産経営の秘訣 無料DVD「大家の法則プレゼント」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です